流れを把握しておこう

屋根裏部屋と望遠鏡

不動産の競売の流れとしては、物件の公示を行い物件の閲覧などを行った後に入札が開始されます。こうして競売の流れを見ていくとまずは情報開示から始まり、素晴らしい物件を見つける事が出来れば競売で購入する流れとなり、そこで入札をまず行う事となります。 入札を行うと開札まで待って、そこで売買許可が決定する形となり、代金の納付や引渡しと言った流れで競売が進んでいく事となります。 まずはこうした運びから仕事を行っていって、競売の取引を進めて行く事から不動産取引をしっかりと行う事となり、競売で購入する流れとなれば、中古購入よりも更に安く購入する事が出来る為、得な物件購入を行う運びとなり取引を進めて行く事となっていきます。

競売とは、借金する際の担保になっていた土地や家屋などを、借入金を返済できなくなった際に、裁判所が強制売却することを意味します。 競売の流れとしては、まず債権者が裁判所に申し立てをするところから始まります。そこで、裁判所に依頼された不動産鑑定士が物件等を調査し、最低売却価格が決定します。そして、競売物件情報として公示されます。買いたい物件があれば自分で調査し、気に入ると入札する流れになります。 また、入札価格を決めたら、入札保証金を振り込み、入札書類一式を裁判所に提出します(落札しなかったら、保証金は返金されます)。 その後、開札が行われ、最高額の人が決定し、物件取得という流れなります。 競売は個人でもできますが、落札後の手続きや立ち退き交渉など流れが複雑なので、専門業者に依頼するという方法もあります。